時菜蝦球の作り方/レシピ

時菜蝦球
時菜蝦球 : 季節野菜と海老の炒め
大ぶりのエビは背開きにして火の通り具合を均一に


時菜(シーツァイ)は旬の野菜、蝦球(シャーチュウ)は背開きにした海老を加熱すると、開いて球状になる事からこう呼ばれている。

大きいエビを調理する場合は、火の通りを均一にするために背開きにするんだ。魚介類は火を通しすぎると硬くなってしまうから、炒めものに関しては薄く、そして厚みを均一にする事が基本である。

今回は秋に旬を迎える野菜であるブロッコリーと、しめじを加えて調理した。
春なら筍、夏ならパプリカなどその時季に合わせた組み合わせで素材を合わせるといいだろう。

詳しい作り方は、続きで説明するぞ。

>>続きを読む

お手軽、上海風焼きそばの作り方/レシピ

151017.jpg
オイスターソース焼きそば
中華でお馴染み上海風のやさしい味わいの焼きそば


今日はフライパンで作れる簡単な上海風焼きそばを紹介しよう。
中華屋によくあるオイスターソースと醤油で味付けをしたお馴染みの焼きそばだ。
材料もシンプルだから、パパっと済ませてしまいたい昼ごはんにうってつけだ。

材料はレシピの通りではなく冷蔵庫の余り野菜でももちろん構わないが、その場合は適宜調味料を調整してくれ。

作り方は続きでな。

>>続きを読む

千島汁蝦仁の作り方/レシピ

千島汁蝦仁
千島汁蝦仁 : 海老のオーロラソース和え
プリッとサクっと揚げたエビ天を おなじみのオーロラソースで


以前にエビマヨ(沙律蝦球)を紹介したことがあるが、今回はマヨネーズにケチャップを加えたオーロラソースバージョンを紹介しようと思う。

エビは前回大ぶりのものを使うレシピだったので、今回は小ぶりのものを使用した。

マヨネーズにケチャップを混ぜたものを日本ではオーロラソースと呼ぶが、中国では千島汁と呼ぶ様だ。
ちなみに千島汁(チィェンタオジィ)とは、サウザンド(千)アイランド(島)ソース(汁)の事である。

サウザンドアイランドになると日本ではこれにピーマンやパプリカなどのみじん切りを加えたものになる。

さて、今回はより材料を調達しやすくするために、以前のものより少しレシピを簡素化している。
ただ、まろやかさを前面に出すために生クリームを用いているが、使用量が少ないので買うのがもったいなければ牛乳で代用してもいいだろう。

それでは詳しい作り方を続きで紹介しよう。

>>続きを読む

≪PREV | | NEXT≫


日本橋古樹軒
ふかひれと中華食材の専門店
日本橋古樹軒は品揃えも豊富